情報収集にはもってこい

 未分類   

税理士の紹介会社は、登録している税理士事務所からの成果報酬、広告費用などで運営しています。

税理士事務所も、大手の事務所になると資金的な余裕があり、成果報酬額なども高く設定しています。

その中で、同じような事務所があった際に成果報酬の高いところとそうでないところ、どちらを紹介するかというのは明確でしょう。

 

紹介会社を利用したから、確実に中立、ということは基本的にない、と考えておいてもいいかもしれません。

 

しかし、業界のことに関して紹介会社の担当者が詳しいのは事実。

紹介してもらったからと言って無理に契約するのではなく、どういった風に事務所を見ればいいかなどのポイントを見極めるのにも利用できるかもしれません。

 

いいことばかりで、逆に怪しいのでは?

 未分類   

税理士サービスを選択する場合、ご自分で情報を調べずに、税理士の紹介会社に依頼する人も多くなっている様子。

最近、特に専門性が高い分野における、こういった隙間産業的な紹介会社が多くなっています。

保険業界でもかなり主流になってきています。

 

税理士についても同じで、大まかには以下のような構図で商売が成り立っている形となります。

 

税理士事務所 → 紹介会社 → 依頼者
     成果報酬     情報提供

 

紹介会社が報酬を受けるのはほとんどの場合税理士事務所からのみだけで、依頼者に直接費用を請求しないところも多くなっています。

 

税理のサービスも顧問料の契約をし、継続的に売り上げが発生していくものですから、最初の入り口の面で力を入れているところも多いのです。

 

紹介会社が言う情報がすべて正しい、というわけではありません。

 

今回の記事では、税理士の紹介会社利用の方法についてご紹介していきたいと思います。

経営の改善が期待できる?

 未分類   

腕のいい税理士などになると、税務をメインとして全体的な経営コンサルティングも行ってくれるところが多くなっています。
経営コンサルティングに強い渋谷区の税理士事務所

これにより、経営の健全化、もしくは利益の拡大などが図れるかもしれません。

 

各種税金は、利益幅に対してかかるもの。

経費申告などの面で、知らない間に損をしていることも十分に考えられます。

起業の時の資本集めを援助してくれる

 未分類   

税理士もその土地の助成金制度や各種補助金などに付いて熟知している場合が多く、それに当てはまる場合は積極的にそういった補助金などの利用を勧めてくれるはずです。
厚生労働省-創業支援について

 

こういった関連の制度はなかなか一人では気が付きにくい部分でもあります。

税理士がいることで、資本の調達がうまくいく可能性もあります。

税務調査時に対応してもらえる

 未分類   

個人事業主でも企業でもフリーランスでも、ある程度の年数が経つと税務調査が入るようになります。

この時に税理士が付いていなかったら、何かしら税金面での不備をあさりに来ている調査員に素人1人で対応することに。

これは精神衛生的にもあまりよくありません。もちろん、不備があれば資料の再提出、最悪の場合追徴課税などになってしまうことも考えられます。

 

こういった風にならないように、しっかりと税務調査にも対応してもらうようにしておいた方がいいかもしれません。

 

税理士がいることで、一旦帰ってもらうといったようなことも可能となります。

税務のプロフェッショナルである税理士

 未分類   

税理士の最も重要な業務として税務処理、が挙げられるでしょう。

税理士は税金のプロフェッショナル。スピーディーかつ正確にあなたの会社の税務を取り仕切ってくれるはずです。

 

税務だけ、といった税理士事務所や関連会社は少なくなっており、だいたい経営コンサルティングサービスや節税対策、資金調達などに付いてもアドバイスをしてくれるケースが多いようです。

税務調査への対応、決算書の作成、さらにはコンサルティングサービスまで。

 未分類   

なかなかわかりにくい税理士のサービス。

一体何がどういった風に変わるの?といった風に疑問を持っている人もいるでしょう。

 

そういった方々のために、税理士を利用することでの具体的なメリットや効果について更新していきたいと思います。

 

税理士サービスももちろん費用が掛かることですが、その費用よりも大きなリターンが返ってくるようなことも有りますよ。

何が解らないのか、すらわからない…。

 未分類   

税理士サービスを利用する際、できれば腕のいい、更に料金もお得なところを利用したいですよね?

そう考えるのは、おそらく経営者の方だと同意見のはずです。

 

この為に、税理士の選び方について勉強している人もいるでしょう。
知り合いの経営者に〇〇税理士事務所について聞いてみたり、インターネット上で噂を調べてみたり…。
税理士事務所の検索・口コミサイトはこちら

いろいろなことをしても決定打にならないことが多くあります。

 

今回の記事では、税理士の選び方を具体的なポイントで絞って4つご紹介していきたいと思います。

 

それぞれの項目について是非チェックされてみてください。

 

 

ポインとその一、電話の対応をしっかりと確認

 

最近あまりなくなって履きましたが、侍業の方の特徴として「先生気質が抜け切れない人がいる」のも事実。

教えてあげている、契約を結んであげている、といったような横着な態度をとってくる事務所もありますので、そういったところにはご注意ください。

 

積極的に税務以外のことで関わってくることもまずないでしょうし、自身の必要最低限の業務しかしないケースも多くなります。

特殊な業界ですから、電話での応対の具合もしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

ポイントその二、料金に逃げすぎていないか?

 

税理士事務所の数が多くなっており「激安な顧問料!」といった風に金額に逃げているところもあります。

本当に安くていいサービスなら問題ありませんが、例えば顧問料が1万円以下などの場合、おそらく他のところで多くの費用を請求されることになります。

それを依頼しなければ、ほとんど税理士を雇った意味がない、といったような状況も実際に起きているようです。

 

 

ポイント三、どこまでしてくれるのか?の確認。

 

税理士のサービスも形のあるものではありません。

アドバイス的なもの、コンサルティング的なものが多くなっており、初めに明確化しておかないと、顧問料にどこまでのサービスが含まれているのか、その他費用が追加で必要になることはあるのか、なども確認しておかないと手痛い打撃を受けることも有ります。

 

 

ポイント四、契約を迫ってこないか?

 

経営がひっ迫しているところなどになると、焦って契約させようとしてきます。

こういったところはサービスがあまりよくないケースが多くなっていますので、しっかりと注意するようにしましょう。

 

 

 

以上のように、最低でもこの四つのポイントは抑えた上で、税理士事務所を選ぶようにしましょう。