税理士を入れると節税になる?

 未分類   

税理士のサービスの一環として、節税対策などを用意しているところもあります。

他の記事でも少し触れましたが、もちろん合法の範囲内での節税となります。
節税にたいしても、税理士事務所、それぞれの担当税理士によって能力が変わることが多くなっています。

 

今回から、実際の節税対策の事例と、税理士の選び方について更新していきたいと思います。

相続税・贈与税などの準備、申告

 未分類   

誰かが亡くなるとき、現実的に考えないといけないのが財産の分配などです。

日本には相続税、贈与税といった税金が設定されており、それによって大きな税負担がかかることも有ります。

 

税理士に相談することで、その税負担を最小限に、かつ確実に手続きを踏んでいくことが可能となります。

近いうちに遺産の相続などがある人の場合、スポットで税理士サービスを利用してみるのも良いでしょう。

 

 

個人向けにも用意されている税理士のサービス。個人だからと言って税金の申告をしなくていいわけではありません。

 

住宅ローン控除には申請がいる

 未分類   

一軒屋やマンションを住宅ローンで購入した場合、税金面で優遇される住宅ローン控除、が受けられるようになります。

住宅会社によって、こういった手続きの代行をしてくれるところもありますが、そうでないところがあるのも事実。

そういった場合には、税理士サービスなどを活用して、住宅ローン控除の申請をするようにしましょう。
国税庁-住宅借入金等特別控除の適用要件

単発利用、数万円も費用が掛からない場合もあるようです。

企業のため、だけじゃない税理士サービス

 未分類   

税理士のサービスは個人向けのものも多く用意されています。

余り知られていませんが、例えば「不動産の資産運用」をされている方、「確定申告書が必要な方」「住宅ローン控除がしたい人」「相続や贈与に関して相談がしたい人」なども税理士のサービスを利用しています。

 

通常、企業相手の場合は顧問料を請求して売り上げを上げることになりますが、個人向けになったときはその属性も単発的な依頼に変わります。

 

事務所によって料金やどこまでのサポートが付いているかも変わりますで、簡単に選ばずにしっかりと情報収集をしてから、事務所を選ぶようにしましょう。

 

紹介会社にいるスタッフはどんな人?

 未分類   

例えば紹介会社のスタッフが、全く税理士業界の経験がない担当者だとしたら、それはほとんど使い物にならないと言っても良いでしょう。

 

紹介会社も一種のコンサルティングサービス。

コンサルを実施するには、その分野におけるある程度の経験と、深い知識が必要になります。

 

もし、あなたが飲食店関連なら、飲食店運営に関することについていくつか問い合わせてみるのも良いでしょう。
それにより、担当者がどういった面に強いスタッフかを見ることができます。

 

 

紹介会社も上手に利用しないと、結局あまりよくない事務所と契約してしまうことにもなりかねません。紹介会社もうまく利用しながら、事務所を選抜するようにしましょう。

情報収集にはもってこい

 未分類   

税理士の紹介会社は、登録している税理士事務所からの成果報酬、広告費用などで運営しています。

税理士事務所も、大手の事務所になると資金的な余裕があり、成果報酬額なども高く設定しています。

その中で、同じような事務所があった際に成果報酬の高いところとそうでないところ、どちらを紹介するかというのは明確でしょう。

 

紹介会社を利用したから、確実に中立、ということは基本的にない、と考えておいてもいいかもしれません。

 

しかし、業界のことに関して紹介会社の担当者が詳しいのは事実。

紹介してもらったからと言って無理に契約するのではなく、どういった風に事務所を見ればいいかなどのポイントを見極めるのにも利用できるかもしれません。

 

いいことばかりで、逆に怪しいのでは?

 未分類   

税理士サービスを選択する場合、ご自分で情報を調べずに、税理士の紹介会社に依頼する人も多くなっている様子。

最近、特に専門性が高い分野における、こういった隙間産業的な紹介会社が多くなっています。

保険業界でもかなり主流になってきています。

 

税理士についても同じで、大まかには以下のような構図で商売が成り立っている形となります。

 

税理士事務所 → 紹介会社 → 依頼者
     成果報酬     情報提供

 

紹介会社が報酬を受けるのはほとんどの場合税理士事務所からのみだけで、依頼者に直接費用を請求しないところも多くなっています。

 

税理のサービスも顧問料の契約をし、継続的に売り上げが発生していくものですから、最初の入り口の面で力を入れているところも多いのです。

 

紹介会社が言う情報がすべて正しい、というわけではありません。

 

今回の記事では、税理士の紹介会社利用の方法についてご紹介していきたいと思います。

経営の改善が期待できる?

 未分類   

腕のいい税理士などになると、税務をメインとして全体的な経営コンサルティングも行ってくれるところが多くなっています。
経営コンサルティングに強い渋谷区の税理士事務所

これにより、経営の健全化、もしくは利益の拡大などが図れるかもしれません。

 

各種税金は、利益幅に対してかかるもの。

経費申告などの面で、知らない間に損をしていることも十分に考えられます。

起業の時の資本集めを援助してくれる

 未分類   

税理士もその土地の助成金制度や各種補助金などに付いて熟知している場合が多く、それに当てはまる場合は積極的にそういった補助金などの利用を勧めてくれるはずです。
厚生労働省-創業支援について

 

こういった関連の制度はなかなか一人では気が付きにくい部分でもあります。

税理士がいることで、資本の調達がうまくいく可能性もあります。

税務調査時に対応してもらえる

 未分類   

個人事業主でも企業でもフリーランスでも、ある程度の年数が経つと税務調査が入るようになります。

この時に税理士が付いていなかったら、何かしら税金面での不備をあさりに来ている調査員に素人1人で対応することに。

これは精神衛生的にもあまりよくありません。もちろん、不備があれば資料の再提出、最悪の場合追徴課税などになってしまうことも考えられます。

 

こういった風にならないように、しっかりと税務調査にも対応してもらうようにしておいた方がいいかもしれません。

 

税理士がいることで、一旦帰ってもらうといったようなことも可能となります。